スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
第1話  拾われたネコ 救われたネコ(単品連続物語)
あたしは待ってる、でも
いったい誰を待っているんだろう…







あたしは捨てられたネコ
小さなダンボールの中で、小さな町の景色を見上げてる
革靴の音ハイヒールの音、色んな靴の音が通り過ぎていく







そしていつもと変わらない、今日も変わらない
唯一変わるのは、天気かあたしの気分だけ






ぼや~っと、太陽の温もりに体をすりすりして、
お昼寝をしようとした時だった






ガヤガヤ声とたくさんの靴の音が聞こえてきた
そしてその音の群れは、だんだん近づいて来る
寝たふりをしながら、薄目で様子を見ていた







すると…!向こうから学生らしい人たちが歩いてきた、
あたしはめったに見かけない顔だなぁ~と目を閉じた、その集団は
あたしを気にもせず通り過ぎていった







だけど誰かあたしの前に立っているような匂いがした。
あたしは薄目を開けて見てみた
あたしの前に立っていたのは、さっきの集団の中の一人だったようだ
白い服に白い肌優しい色した目に小さな口
その人はあたしの前で、しゃがんであたしを見ていた







何の用?とニャーって言ってみた






「おまえこんな寒い季節に捨てられたのか?」






なんだんだこの人は少しイラっとした







「名前はなんて言うの?」






人間でもないのに、なぜ人間は動物に話しかけるの?
しばらくその人はあたしのとこにいた







冬の太陽は早寝だから、すぐ夕暮れが訪れる
もう帰ればいいのにと思う程、さっきの人はまだいる






皆そう、短くたまに長く、かわいそうだねなんて言いながら
抱き抱えたりして、でも結局離して置いていく






そんな悲しい夢見せてくれる位なら、ただ通り過ぎてくれた方が
傷つかないのに






どうせこの人もそうだろう、あたしの側にいるけど
離れて行ってしまうのだろう






そうゆう愛は1番傷つく、その気にさせといて離してひどいよね、
まったく。






その人は腕組みしていた腕を解き、右腕を伸ばして、
手首にはめていた、腕時計を見た






もうそろそろこの人も帰るんだなと、その人が去るのを見届けてあげようと
あたしはバイバイの意味をこめてしっぽをふった。







だけど、その人はあたしを優しく両手に乗せて、
もこもこした胸の辺りあたしを抱き寄せて歩きだした






「あたしどこへ連れていかれるのだろう…」






あたしの小さな世界が動き始めた。






スポンサーサイト

テーマ:社会人野球、大学野球 - ジャンル:スポーツ

【2010/01/17 09:00 】 | ユメ’s ストーリー | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
「・・・空より、あなたへ。」 第7話  二人彼氏
プルルルルル・・・






「さっきから誰?」





「知らない人から」






ユメは嘘をついた。






「じゃ俺が出て一発どかんといったる」






ユメは焦りながら言った。






「いいよ、いいよ。そのうちかかってこなくなるから」






本当にかかってこなくなるかな・・・







未封開のメール。何通あの人から来てるだろう...。







「じゃユメ今日はここで、またデートしよな」






「うん」





彼の後姿はどこかあの人に似ている気がする。
心の中を探してみたんだけど、なかったのどこにもなかったのあなたへの気持ち。





離れてるし・・・会えないし
そんなとき彼と出逢って恋をして付き合っているの。
あなたならあたしよりいい彼女ができるわ。
お別れの言葉なしに黙って自分勝手にさよならしたことと・・・許してね。







プルルルルルル・・・電話が鳴った。
もしかして・・・予想は外れて彼からだった。






「ユメ?今度の日曜日休み取れたからどこか行こっか!」







「本当?行きたい行きたい」







二人はその話で盛り上がる。





「そうだ!俺の先輩に早稲田野球部の人がいて、
今度の日曜日試合で、おまえもこれたらこいよって言われてるから
試合観に行かない?」




こんな偶然が巡り合わさることにびっくりした。





「・・・ユメ?」






あっ!!ごめんごめん行く行くユメはぽろっとそう言ってしまった。






「そっか!先輩に連絡しとこっと♪ほなまた日曜日」






「うん、、、バイバイ」






嬉しいような嬉しくないような二つの感情が混ざり合って気持ち悪い。












当日________________








「おーいユメ」







右から彼の声が聞こえた。
走ってあたしのもとに来て息を調えている。







「ちょっと電車きてるやん」






ユメは先に買っておいた切符を彼に渡して彼の手を強引に引っ張って走って
駆け下りて走って飛び乗ってギリギリセーフ扉がしまる。






「間に合ってよかった」






「はぁ~はぁ~」







彼は息を調えている。
少しおちついて席を探すが、探す程込んでなく選べる程の混み具合だったので、
すぐそこの席に座ることにした。








彼は暴睡あたしは大学のレポートを書こうとしたけど、
あの人のことで今は頭がいっぱいで...。







流れていく景色目で追う。山にかかる平べったい雲上は白くて下は
黒いあたしの心は言葉じゃ表せない感情で支配されていた。








ゆれるゆれる電車
ゆれるゆれるあたしの心








ヤな予感がする。







テーマ:社会人野球、大学野球 - ジャンル:スポーツ

【2009/03/20 21:00 】 | ユメ’s ストーリー | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
「・・・空より、あなたへ。」 番外編(2)
『ユメ元気でいるよ。』



大阪に移住してから数ヶ月、
あなを思わなくなった心の一部に穴が開いちゃった…。



ハチ「ユメ~今日あそこのカフェ行こう!」



ユメ「いいね、いいね!」



以前知り合っていた二人は、たまたま学校が同じだった。



どこか変わった?
そう聞かれても思い出さない限りあたしは何も変わってないと言い張るだろう。



二人で楽しく話してる時ユメの携帯が鳴った。



ハチ「誰なん?」




ユメはハテナ顔でその番号を見た




「知らんわ」




ブチッ・・・ユメはきってしまった。




「あっ!!ユメ関西弁!!」




「でてはった?もう大阪になれたさかい、上手に喋れまっせ」




「うまい!!」




ハチユメ「笑」




そんな話をしながらカフェに着いた。




ハチ「あたしはレモンティー」




ユメ「あたしはミルクティー」




午後三時少しこんだお店の中二人は奥の方に座った。




店員「お待たせしました」




また二人の会話が弾む・・・プルルルルプルルルル




ハチ「ユメ携帯鳴ってる」




「あっほんまや」




するとまた同じ番号だった。
不信感を持ち始め電源を切ってしまった。




ハチ「誰からなん?」




「また同じ番号の人やったわ」




「ユメ、もてんねんなぁ~」




「もてんで!一キロ位」




「そっちじゃない」




ユメハチ「笑」




くだらない話で盛り上がり絶えず笑って手を叩く。




話に夢中になり、携帯の相手なんて気にもせず話しまくる。
だんだん日がかげってきた。




そろそろ帰ろうかと立ってレジでお金を払ってハチに駅まで見送られて
ホームで伝じゃを待ってる時だった。




プルルルルルプルルルルル




今さっき電源を入れて、まるでそれを見ていたかのようなタイミングで。
奇妙だとまた電話を切った。




なんでこんなに何回もかけてくるんだろう
疑問に思いながら電車の窓から外を見渡す。




駅を降りて家まで歩く。その道は桜が満開で綺麗だ。
一本二本三本四本目の桜の木を横切ろうとしたとき電話が鳴った。
見たら予想通りあの番号の人だった。ユメは勇気を出して、電話に出てみた。




「もしもし」




「・・・」





「もしもし?」




「ユメ?」





電話の向こうから聞こえてきたのは聞き覚えのある声。
その声がユメの心を突き刺した。





「ゆ、・・・佑君?」





「なんであんなことしたんだ、どうしたんだよ」





斎藤君の声がなぜか自分の言葉をつまらせる。





「あんな手紙でメール送ろうと思ったら送れなくなってるし。」




「ごめん」




この言葉しかでなかった。
泣きそうなとき風がユメの髪をなびかせる。
その髪を手で止める。





「ユメ会いに来てな、待ってるから」




「うん」



こらえられなかった。涙の花びらが散る。




「もうこんなことするなよ」





「うん」




「ユメ・・・・・・・・・・・元気だったか?」




「うんずっと元気だったよ」




二人の想いが再び繋がった…その幸せが
心の隙間を塞いだ。




テーマ:社会人野球、大学野球 - ジャンル:スポーツ

【2008/04/19 01:30 】 | ユメ’s ストーリー | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
連載 ~ ユメ’sストーリー ~ (ユメとハンカチ王子のラブストーリー)第13話更新
みなさま、こにゃにゃちわ


みなさまお待ちかねの、ユメちゃまの小説・・・
とうとう続きが発表になりましたっ。


しかも2本同時で更新ですっ、うれしやうれしや


では・・・
ユメさまに連載していただいているストーリー
とうとう11・12話です


「連載 ~ ユメ’sストーリー ~ 
(ユメとハンカチ王子のラブストーリー)」



第11・12話、更新しましたので
ご覧ください。


今回も、しみじみ、じわじわ、ぎゃはっと心に響きます。


20070220140629.jpg



第13話はこちらから(バックナンバーも)

【2007/04/08 02:42 】 | ユメ’s ストーリー | コメント(3) | page top↑
連載 ~ ユメ’sストーリー ~ (ユメとハンカチ王子のラブストーリー)第10話更新
みなさま、こんばんは~


めちゃめちゃ更新遅くなりましたっ。
ユメさまはじめ、小説を楽しみしてくださっている
みなさまには大変ご迷惑をお掛けしました。


ここで、お詫び申し上げます。


では・・・
ユメさまに連載していただいているストーリー
とうとう10話です、今回はバレンタインのお話


「連載 ~ ユメ’sストーリー ~ 
(ユメとハンカチ王子のラブストーリー)」



第10話、更新しましたので
ご覧ください。


20070216000246.jpg



第10話はこちらから(バックナンバーも)

【2007/02/16 00:13 】 | ユメ’s ストーリー | コメント(0) | page top↑
連載 ~ ユメ’sストーリー ~ (ユメとハンカチ王子のラブストーリー)第9話更新
みなさま、こんばんは~
ユメさまに連載していただいているストーリー


「連載 ~ ユメ’sストーリー ~ 
(ユメとハンカチ王子のラブストーリー)」



第9話、更新しましたので
ご覧ください。


20070117103600.jpg



第9話はこちらから(バックナンバーも)

【2007/01/23 00:00 】 | ユメ’s ストーリー | コメント(2) | page top↑
連載 ~ ユメ’sストーリー ~ (ユメとハンカチ王子のラブストーリー)第8話プラス更新
みなさま、こんばんは~
ユメさまに連載していただいているストーリー


「連載 ~ ユメ’sストーリー ~ 
(ユメとハンカチ王子のラブストーリー)」



第8話、一部管理人の
不手際で追加部分を訂正しましたので、ご覧ください。


20061228153123.jpg



第8話プラスはこちらから(バックナンバーも)


ご迷惑をおかけしましたっ
しっかし、まじで泣けますよ~。


【2007/01/14 00:09 】 | ユメ’s ストーリー | コメント(0) | page top↑
連載 ~ ユメ’sストーリー ~ (ユメとハンカチ王子のラブストーリー)第8話更新
みなさま、大変遅くなり申し訳ございませんでした


あけまして おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いしますっ。



みなさまお休み中にたくさんのコメント、ほんとうに
ありがとうございました。
中には「はじめまして」の方もおられて
うれしいです


お返事が途中までで止まってしまっていて、
申し訳ないですっ。お返事必ずさせていただきます
ので、ご迷惑おかけしておりますっ。


そして、お待たせしました
ユメ先生の
「連載 ~ ユメ’sストーリー ~ 
(ユメとハンカチ王子のラブストーリー)」



第8話、とうとう配信です


20070110144234.jpg



第8話はこちらから(バックナンバーも)


【2007/01/10 14:43 】 | ユメ’s ストーリー | コメント(3) | page top↑
連載 ~ ユメ’sストーリー ~ (ユメとハンカチ王子のラブストーリー)第7話更新
みなさま、お待たせしました
ユメ先生の
「連載 ~ ユメ’sストーリー ~ 
(ユメとハンカチ王子のラブストーリー)」



第7話、とうとう配信です


mogoosaka.jpg



第7話はこちらから(バックナンバーも)


とうとう7話だね、個人的にこの7話。
笑いどころ満載で最高なので、オススメですっ


テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

【2006/12/27 00:00 】 | ユメ’s ストーリー | コメント(0) | page top↑
連載 ~ ユメ’sストーリー ~ (ユメとハンカチ王子のラブストーリー) 第5、6話更新
みなさま、お待たせしました
ユメ先生の
「連載 ~ ユメ’sストーリー ~ 
(ユメとハンカチ王子のラブストーリー)」



第5、6話、とうとう配信です


20061220153720.jpg



第5、6、話はこちらから(バックナンバーも)


ほんとうに、UPするのが遅くなってしまい、
申し訳ございませんっ。


【2006/12/26 00:00 】 | ユメ’s ストーリー | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。